Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/ksjoyceh/www/khcrca/wp-includes/post-template.php on line 284
炭化水素冷媒 " HC-22a " で九州から日本を変える

導入するメリット

  • HOME »
  • 導入するメリット

電気代を削減

炭化水素はフロンガスに比べ、分子の構造が大きく軽いという特徴があります。そのため少量の充填量でフロンと同じように働き、しかもコンプレッサー(圧縮機)への負荷が減るため消費電力を削減できます。

消費電力削減例
三菱電機製ルームエアコン。九州炭化水素冷媒技術者協会調べ。
機器をそのまま利用可能

環境に優しいとされる自然冷媒には、炭化水素以外に、水・アンモニア・二酸化炭素・空気の5種類があります。しかし既存の機器にそのまま入れて動作するのはフロンと近い性質を持つ炭化水素だけ。他の自然冷媒は専用の機器を導入しなければ使うことができません。炭化水素を導入する際に大きな設備投資は必要ありません。

地球環境に優しい

近年の地球環境保護の機運の高まりを受け、法律でフロンガスを正しく回収・破壊することが義務付けられていますが、実際には回収率は3割程度の低水準にとどまっており、残りの7割は大気へ放出されているのが現実です。当協会に属する施工会社には、炭化水素冷媒を導入する際に厳しくフロンを処理することを徹底して指導しており、さらに炭化水素へ入れ替えることで万が一、冷媒が漏れ出しても環境を汚染しません。

フロン回収量の推移

フロン管理コストが不要に

世界的なフロン規制の流れを受け、日本でも平成27年4月にフロン排出抑制法が施行されました。これはフロンガスと代替フロンが封入された業務用の空調・冷蔵冷凍機器の管理者に対し、年に数度の定期的な点検が義務付けるものです。これにより新たなコストが発生し、機器を多く所有する企業にとって大きな手間と負担となっています。炭化水素はフロンガスではないので、冷媒を入れ替えることでこの法律の規制から外れ、大きなコストカットが可能となります。

お問合わせはこちらから

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.